目元のクマの原因は何によって起きるか

目元にクマができる原因は何か?


みなさんの中にもこれまでに目元にクマができてしまって困った事があるという人がいるかと思います。
昔から目元にクマができる原因として言われているのが寝不足で目の下にクマができてしまうというのがあります。

 

ですが、実際は寝不足以上にもっと別の理由で目の下にクマができてしまう原因があります。
それは乾燥肌になって皮膚が痒くなってしまい、無意識のうちに目の下の皮膚を引っ掻いてしまった時に
目の下の皮膚が炎症を起こして色素沈着を起こしてクマができてしまうというのが一番の原因です。

 

もちろん、それ以外にも目の下にクマができてしまう原因はあります。それは何かというと、
加齢によって皮膚が劣化してしまい肌が黒ずんでしまった時に目の下にクマができる事があります。

 

また、これ以外にも仕事のストレス等でも目の下にクマができてしまう事があります。
これは仕事の疲れで十分に皮膚の再生機能が働かない事でできてしまうクマです。

 

おそらく、みなさんの身近にも仕事の疲れで目の下にクマができているという人がいるかと思います。

 

目の下にできてしまったクマは治せないのか?


では、実際に目の下にできてしまったクマは治せないのかというと
そういう事はないです。ちゃんと適切に処置すれば目の下のクマは治ります。

 

ですが、目の下にできたクマがどういう原因でクマができているかちゃんと
見極め上で治療しないと治りません。特に乾燥肌になって無意識のうちに
目の下を引っ掻いて炎症を起こしてできたクマの場合はちょっとやそっとでは治りません。

 

というのも、この場合は肌が痒くて引っ掻いた結果クマができているので、
まずは肌の痒みを抑える必要があります。ですから、この場合はすぐに
皮膚科に行ってステロイド剤を処方してもらって痒みを抑える必要があります。

 

そうやって痒みを抑える事で無意識に目の下を傷つけないようにして
ようやくクマが治るようになります。

 

特に皮膚が痒くてそれを引っ掻いてしまう事が原因でできるクマは
痒みを抑えない事には治しようがないので、すぐに皮膚科に行くしかないです。